忍者ブログ
[219]  [218]  [217]  [215]  [214]  [213]  [212]  [210]  [209]  [208]  [207
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



F1000183.jpg







F1000183.jpgF1000184.jpg























5/20 姫路サラコミュニティ ミラステ開催報告をさせていただきます。

参加者男性1名と女性4名、計5名の参加でした。

男性はスクールと第7期を受講されています。

奥さまに感謝しかないと楽しそうに言われておられました。

そして、同じ主催者の仲間はミラステに来るまでは幻想の世界に居て、問題視していたのにミラステの開場に到着すると、問題が消えていたと言います。

あら・・・不思議ですねーーー。

もう一人の方もスクール生の方ですが・・ミロスに対する姿勢とミロスが一番だと思っていたけれど、本当はもどきになっていたと言われました。

私は、本当にミロスが理解出来ていなくて解っていなかったことを受け入れました。

ミロスとはシステムであること。

システムなんですねー。

参加者は本当に今、問題が無いことを受け入れたのです。

ミロスの空間は凄いです。

ますます、このミロスにどっぷりと浸り、ただただ受け入れるだけです。

皆様のご参加お待ちしております。

次回は6/17です。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
お問い合せ
最新CM
最新TB
バーコード
RSS
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア

mixi

reikomaria のブログ(*⌒∇⌒*)♪♪♪
http://mixi.jp/list_diary.pl?from=navi  

フリーエリア
バイブル †人類への十戒 † 1. 私達は意識体です。既に・・時間、空間は超越しているのです。 どうか、思考に捉われないでください。 2. 私達は5次元から生まれました。そして、自ら・・この両親を選び、友人、歩く人、環境、今のシナリオを脚本を創り、現在に至ります。今の悩み、苦悩、絶望感から逃げないでください。あなたが(自分が)創造したのですから・・。 3. 3次元にはトリックがあったのです。この次元は平面なのです。2次元思考なのです。 トリックを見破るのです。トリックこそが思考のエゴを創りだす産物だったのです。 4.  私達は、本来、完璧な存在です。どこも欠けていないのです。一切欠けていない有一無二の存在なのです。 5. 誰と比べているのですか?比べることがエゴを創るのです。ノージャッジで比べないのです。 高次元は比べない愛の光の世界です。 6. 自分とは自ら分かれると書くのです。私達意識体は元々一つでした。この世に生まれた時に男と女に分離したのです。 そして、DNAの記憶を辿り、自分の片割れのパートーナーを見つけるのです。 7.  恋愛とはまだ人類は理解していません。恋と愛は違うのです。恋はいずれ終わるのです。しかし、愛は永遠に無限の愛なのです。 8. 「汝、自分自身を知れ」 自分自身を知るには鏡がいるのです。鏡・・・・その役割が他人(パートナー)なのです。 自分と相手の間には空間があるのです。空間が無ければ私達は見えないのです。 9. ∞ メビィウスが自分と対象物の間に存在しています。2回∞ メビィウスを周回するとバランスが整うのです。 それは、相対という男と女は同じ意味を知るのです。男であり女であり、男でない女でない、と言う同時存在二重構造なのです。感情こそが鍵なのです。相手に感じることから逃げないでください。感情を自分自身へと向けるのです。 10. 感情に気付く時、相手、自分のした行為を責め、恨み、怒ります。どうかその行為を許してください。 自分自身を許すのです。その時、あなたは癒されます。 そして、記憶を思い出すのです。あなたは10億分の1という確立で生まれてきたミラクルな存在です。 生まれてきただけでミラクルなのです。遺伝子には今迄の記憶が書き込まれています。 ミロスを知っていたのです。どうか・・自分の使命(人類、地球、宇宙を救済する)を思い出してください。 私達はパートナーと共に5次元へ戻るのです。 作者 reikomaria
最新コメント
忍者ブログ [PR]